営業日のご案内

2020年 09月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
今日
[BOARDLIST_5_150_/images/250/leftdot.gif]
 

神村酒造所

沖縄本島の中心部うるま市石川に、緑豊かな工場を構える神村酒造。創業は1882年、一世紀以上の歴史を誇る老舗の酒造所として、1999年に那覇市からうるま市石川へ酒造所を移設し今に至ります。神村酒造の酒造りは老麹造り・常圧蒸留・原酒造り(45度超)・樽貯蔵にこだわり、伝統の製法を継承しつつ新たな技術に果敢に挑戦してきた歴史を持ちます。そのひとつにウヰスキー製法がヒントとなり10年の研究を重ね誕生した樽貯蔵の先駆け「暖流」があり、泡盛界において新境地を開きました。現在、県内はもちろん県外市場へも積極的に展開する一方、工場内でのイベント開催やギャラリー設置、古酒預かり蔵など、社員の意見を取り入れながら、一人でも多くの人に泡盛ファンになってもらえるよう需要拡大に努めています。 (以上泡盛百科より引用)

店主より

神村酒造所さんの魅力は主力ブランド”守禮”、”暖流”のツートップに、現代の泡盛の進化のひとつと言える新たな酵母を使用した”芳醇酵母仕込み泡盛シリーズ”、力強い50度を超える”原酒シリーズ”と泡盛ファンならずとも、泡盛に出会う人々の心を掴む魅力的な泡盛を産み出しつづけていることでしょう。 (※アルコールが飲めなくても、泡盛から産まれる身体によいモロミで作られた健康飲料”梅香る”も美味しいですよ。) また覚えていただきたいのは3月中旬の土日に行われる蔵開き! 木々に囲まれた居心地のよい酒造で、この日に合わせた限定酒の販売や、アカデミックな泡盛講習会、利き酒に、楽しいステージイベントと、泡盛を飲みながら神村酒造をより好きになる1日を過ごせます。 酒造見学は随時受け付けており、スタッフによるお客様目線の分かりやすい解説に、ウィスキー工場に来たかのような樽がズラッと並んだ光景、泡盛の違いを楽しめる試飲と、沖縄中部の観光地のひとつとしてもオススメです。

暖流 限定古酒 40度 720ml

沖縄限定販売のバーボン樽貯蔵古酒です
暖流 限定古酒 40度 720ml 暖流 限定古酒 40度 720ml
暖流 限定古酒 40度 720ml 暖流 限定古酒 40度 720ml

テイスティング
香りはバーボン樽熟成らしい樽の柔らかな甘みが漂います。
口に含むと、程よいアルコール感と共に樽の華やかな味わいが広がります。
”ウィスキーのような”というと、ウィスキーはもっと特有のピート香があったり、樽の味わいやアルコールがどっと押し寄せてくるもので、泡盛の樽貯蔵は全体を通して優しい味わいです。
この程よい樽のバランスが泡盛の樽貯蔵の良さでしょう。
蒸留酒ファンはもちろんのこと、ソーダで割ってハイボール感覚でも楽しめ、酒好きから、アルコール初心者まで飲み方によって合わせてる守備範囲の広い泡盛です。 
オススメシーン
蒸留酒ファンのな貴方へストレートやロックで。
先述の通り炭酸割りでライトにヘルシーに。(※泡盛は糖質ゼロです)
余談
樽貯蔵ということで、時代の流行でもある炭酸割り(ハイボール)で飲むとすぐ馴染める銘柄でもありますが、”暖流”のハイボールということで、酒造さん自体が”暖ボール”=ダンボールというなんとも親しみやすいネーミングで飲み方の提案をしており、泡盛ファンであれば周知のことですね。

実はこのネーミング、蔵の人々から出てきた言葉ではなく、中の良いお客様たちとビーチパーティをしていた流れでお客様が何気に提案した洒落た(ダジャレ?)言葉だったんです。
それが今では、暖流の主たる飲み方として提案されており、それこそ『暖ボールセット』たる暖流にソーダに、琉球ガラスで作られたハイボール用グラスのセットも販売されているくらい人気の飲み方です。
まさにお客様のファインプレーですし、またそれを巧くキャッチできた神村酒造さんの素敵なとこですね。
暖流を手にした時はぜひ暖ボールもおためしくださいね♪

暖流 限定古酒 40度 720ml

販売価格:2,700 (税込)

数量:

かごに入れる すぐに購入

ページトップへ