営業日のご案内

2020年 10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今日
[BOARDLIST_5_150_/images/250/leftdot.gif]
 

崎山酒造廠

琉球王朝から引き継がれた泡盛造りで有名な首里三箇で1905年に創業。 以来、崎山酒造廠では、昔ながらの麹棚を使い、じっくりと時間をかけた麹造りを継承しつつ、香りまろやか、味わいやわらか、ふっくらとしたコク感を目指した泡盛造りに重点をおき、二日麹から三日麹へと変えるなど丹念に時間をかけた深い泡盛を造りだしています。 現在の工場のある伊芸区には、沖縄では珍しい伏流水が豊かで、泡盛の深い甘さを醸し出します。また、2007年には、黒糖酵母、天然吟醸酵母による新たな泡盛開発など、これまでにない香りと旨さの泡盛も追及しています。近年の古酒造りファンへの要望に応えて、甕の預かりによる、徹底した洗浄から詰め、甕の管理までの一連の工程もシステム化し、泡盛文化の継承と家庭での古酒造りを応援しています。 (以上泡盛百科より引用)

店主より

崎山酒造廠といえば代表銘柄【松藤】の由来が有名ですね! 二代目”起松”と妻”藤子”の名を1文字ずつ取って産まれた酒は、味はもちろんの事、縁起の良い酒としても、人気を得て成長しています。 戦前には産まれた銘柄ですが、冷静に考えると時代は男性社会で、女性の社会的地位はまだ低い時代。そんな中で妻の名前を1文字いれる事って本当に中の良い素敵な夫婦だったんですね。 ※2人の間には4男6女の子を授かります。

松藤25度 1800ml〜2005年ビンテージ〜

2016年現在で11年古酒になります。
松藤25度 1800ml〜2005年ビンテージ〜 松藤25度 1800ml〜2005年ビンテージ〜 松藤25度 1800ml〜2005年ビンテージ〜
松藤25度 1800ml〜2005年ビンテージ〜 松藤25度 1800ml〜2005年ビンテージ〜 松藤25度 1800ml〜2005年ビンテージ〜

テイスティング
25度ということで香りはほのかに米の香りをかんじるくらい。
これが焼酎と泡盛のわかりやすい違いかと思います。
芋や麦、黒糖など原料の風味をしっかり出した作りが焼酎であり、泡盛はお米しか使わない繊細な味わい。そして、旨味をしっかりと残すので、割っても伸びがきき、水割りも焼酎に負けないくらい楽しめます。
松藤は特に麹を時間をかけ育て、油分もしっかりとつくりだす老麹仕込み。
25度でもしっかりと味が伸びます。
オススメシーン
ロックも良いですが、濃いめの水割り(20度以下)でワイワイと仲間と飲む酒にぴったりですね。香り穏やか旨口な味わいを楽しめます。
余談
創業者は崎山オトさんで、実は泡盛”まさひろ”で有名なまさひろ酒造さんから嫁いできた方です。崎山家に嫁いだ後、病弱だった夫にかわって大黒柱として家族を支えていきます。
その手段として、実家の家業でもあった泡盛作りを始めるわけですね。
泡盛作りを支える大切な麹を育てる仕事は実は女性の役割だったんです

松藤25度 1800ml〜2005年ビンテージ〜

販売価格:4,500 (税込)

数量:

かごに入れる すぐに購入

ページトップへ