営業日のご案内

2018年 07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
 

瑞穂酒造 株式会社

160年の伝統を持つ造り酒屋として、王家の歴史とともに育まれてきた昔ながらの製法にこだわり続けています。「古酒は沖縄の宝もの」というスローガンのもと、沖縄の家庭で仕次ぎされていた古酒を先駆けて製品化するなど、古酒のパイオニアとして今なお精力的に伝統的な古酒造りを続けています。 1848年、琉球国王尚泰王即位の年に古都首里の地に誕生した歴史ある酒造所。1969年に首里末吉町へ移転し新工場と地下貯蔵庫「天龍蔵」を建設。琉球王朝時代から脈々と流れる泡盛造りの知識と技術は現在の杜氏に受け継がれ、米と酵母と麹の三要素の個性を見極めながら、もっとも特色が生きる方向で酒造りを進めていきます。昔から受け継がれてきた泡盛造りの技法を受け継ぎつつ、音楽を聞かせて泡盛を熟成させるなど個性的な商品開発も展開。現在は県外出荷額が約4割を占めるなど、泡盛の全国的な普及活動にも積極的に取り組んでいます。 (※泡盛百科引用)

店主より

首里で最古の歴史をもつ瑞穂酒造の古酒への拘りは酒造を訪れた際に敷地内に鎮座している甕の数を見ても納得できます。 二石(1石が一升瓶100本分)強の大甕には仕次ぎを重ね熟成を続ける古酒たちが飲まれる日を心待ちにしています。 また、味、品質への探求は歴史を重ねた分の深みがあり、新たな酵母菌を使用した泡盛、60度の原酒、樫樽熟成に、原料米を変えての泡盛作り、飲みやすい泡盛リキュールの開発と、これからも泡盛業界をリードしていくことでしょう。

あしび 33度 1800ml〜2005年瓶以前詰め〜

終売品:タイ米ではなくジャポニカ米で仕込むことであえて、泡盛と表記せず、[しょうちゅう乙類]として発売されました。
あしび 33度 1800ml〜2005年瓶以前詰め〜 あしび 33度 1800ml〜2005年瓶以前詰め〜 あしび 33度 1800ml〜2005年瓶以前詰め〜 あしび 33度 1800ml〜2005年瓶以前詰め〜
あしび 33度 1800ml〜2005年瓶以前詰め〜 あしび 33度 1800ml〜2005年瓶以前詰め〜 あしび 33度 1800ml〜2005年瓶以前詰め〜 あしび 33度 1800ml〜2005年瓶以前詰め〜

テイスティング
種類の少ない綺麗でシンプルなお米香りが漂います。
口に含むとお米からくる甘み、余韻はほとんどなく、コクのしっかりとした上質な米焼酎を飲んでいる感じでしょうか。
オススメシーン
ロックや水割りでお食事と合わせるの良いでしょう。
また、炭酸で割っても、新酒特有のマイナスな香りは出てこないので、暑くなる夏に向けてピッタリでしょう。

あしび 33度 1800ml〜2005年瓶以前詰め〜

販売価格:6,000 (税込)

数量:

かごに入れる すぐに購入

ページトップへ