営業日のご案内

2018年 10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
 

米島酒造株式会社

花と緑の覆われた昔ながらの風景が残る久米島の、自然の美しさと伝統の技を受け継いでいる酒造所として、手造りの酒造りを大切にしています。家族が中心の泡盛造りで大量生産ができませんが、蒸留後はじっくりと1年以上熟成させて瓶詰めを行っており、その味は芳醇で一般酒だけど古酒ような風格があると、地元で根強い人気を誇っています。 昔から米どころ、水どころとして知られる久米島で1948年に創業。白瀬川のきれいな天然水を使って濃厚な味わいの泡盛造りに励んでいます。創業当は、米の豊富な久米島に由来して「米島」の銘柄で販売を開始。その後、豊かな自然に恵まれた緑あふれる美しい島を表現したいと、主要銘柄を「久米島」に変更し、以来、久米島のお酒として島内の人に愛され続けています。また、今でも家族だけで泡盛を造り上げており、「慌てず、ゆっくりと寝かせて美味しくなってからしか売りません」という言葉通り、家族が力をあわせて伝統の味を守っています。 (※泡盛百科引用)

店主より

久米島の人々が愛飲してる島の小さな酒造は今や県外の泡盛ファンも周知する人気の泡盛です。家族で泡盛家業を支え、親から子へ受け繋がれる味わいは、世代が変わる度に味わいも少しずつ変化し、それが小さな蔵の成長であり、魅力でもあります。 ぜひ、その時代時代の米島の泡盛を比較してみてくださいね。 それも大切な泡盛との出会い方です。

久米島 古酒 35度 1800ml

市町村合併前の住所記載のある貴重なビンテージ古酒です。
久米島 古酒 35度 1800ml 久米島 古酒 35度 1800ml
久米島 古酒 35度 1800ml 久米島 古酒 35度 1800ml

テイスティング
香りはどっしりとした穀物と麹の風味。
口に含むとお酒のエネルギーが押し寄せてきます。焦がしたお米の味わい、苦味、酸味、コクが凝縮されており、島の泡盛らしい、しっかりとした飲みごたえを楽しめます。
現行の米島の酒にはない骨太な味わいですね。

40度との違いはアルコールが若干低い分、綺麗な旨味は感じやすくなります。
オススメシーン
ロックかストレートで楽しんでいただきたいですね。
雰囲気の良いBARに外国のお酒と並んでアウトローの様にカッコよく鎮座して欲しい泡盛です。
余談
人気銘柄[美ら蛍]、一般酒[久米島]など、小さな酒造のラベルとしてはオシャレなデザインだなぁ、と感じていましたら、何と酒造の長男さんが、デザイナーさんとのこと。

キャップなどにもあるマーク一つ一つにも意味があり、小さな蔵の想いが詰まっています。
続きは、米島酒造か泡盛倉庫で。。。

久米島 古酒 35度 1800ml

販売価格:18,000 (税込)

数量:

かごに入れる すぐに購入

ページトップへ