営業日のご案内

2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
 

沖乃光酒造合資会社

宮古島創世神話の残されている漲水御嶽や人頭税墓、ドイツ皇帝博愛記念碑などを擁し、国指定の重要港湾の平良港を臨む西里地区で、沖縄を代表する泡盛造りを目指し品質を第一に考えながら、感謝の気持ちをこめて沖縄らしい泡盛造りを行っています。 文字通り「沖縄の星」となることを目指して、1948年に珊瑚礁に囲まれた宮古島で創業した「沖之光酒造」。伝統的で丁寧な手法の泡盛造りを続け、その泡盛らしい風味豊かな味わいは、宮古島の居酒屋を中心に飲まれています。また、古酒造りにも力を入れており、古酒用の貯蔵割合は、全体の70%と高い割合を占めています。「熟成」を泡盛造りの大切な要素として考え、新酒でも一年以上大事に貯蔵熟成して出荷を行っています。 (※泡盛百科引用)

店主より

宮古島の泡盛は高い度数や古い年数を出すところが少なく、よく冗談で『すぐオトーリで飲んでしまうし、オトーリ用の飲みやすく、お値段も手ごろな泡盛が産まれやすい環境』とお話ししています。その中で沖乃光酒造は古酒に対するこだわりをしっかりともった宮古島のオンリーワンな酒造と言えるでしょう。

月桃の花 古酒25度 720ml〜2005年ビンテージ〜

映画[ガマ 月桃の花]の製作を記念して作られた泡盛です。
月桃の花 古酒25度 720ml〜2005年ビンテージ〜 月桃の花 古酒25度 720ml〜2005年ビンテージ〜 月桃の花 古酒25度 720ml〜2005年ビンテージ〜
月桃の花 古酒25度 720ml〜2005年ビンテージ〜 月桃の花 古酒25度 720ml〜2005年ビンテージ〜 月桃の花 古酒25度 720ml〜2005年ビンテージ〜

テイスティング
香りは度数のイメージよりしっかりとした印象で、穀物や麹の香りを感じ取れます。

口に含むとアルコール感はないですが、25度に35度の旨味をぎゅっと詰めたような味わい。余韻に残る心地よい玄米のような香りも良いですね。
オススメシーン
ラベルの雰囲気、イメージから入りやすい度数帯からして、贈答品にもぴったりではないでしょうか。
泡盛好きな人には物足りない度数では。。。と思われるかもしれませんが、古酒作りに信念を置く蔵元が作り上げた味わいは飲みごたえもあります。
余談
映画[月桃の花]は戦後50年を記念して作成された映画ですが、DVD化などはされておらず、現在でも依頼があった学校や集会所で出張放映というスタイルを続けています。

県外から沖縄へ来る修学旅行生などが事前学習などで見たり、沖縄の小中学校で現在も放映されているそうです、考えてみたら私も朧げながら見た記憶があります。

川平慈英さんや平良トミさんが出演されていますよ。

泡盛倉庫でも出張放映をお願いしたいです。。。
企画できましたらブログなどでご案内しますね。

泡盛、月桃の花を傾けながら、映画を鑑賞するとよりその世界へ誘ってくれそうですね。
小ネタ

月桃の花 古酒25度 720ml〜2005年ビンテージ〜

販売価格:3,500 (税込)

数量:

かごに入れる すぐに購入

ページトップへ